解離性遁走の一因としての専門家フォビア(phobia)

フォビアは恐怖症です。
ギリシャ語の
phebesthai「逃げる」が語源です。
恐怖には
対象が要りますね。
専門家に相談しない人には
専門家に対する恐怖症が
あります。
要するに
ある種の専門家の存在が
解離性遁走を
誘発しているのです。

普通はそうならないように
教育分析を徹底させるのですが
昨今の
傾聴やラポール
(教科書的常識)さえ知らない
専門家に
そこまで期待できないでしょう。
専門家になるハードルを
見直す必要があります。
PTSD研究家翠雨の日記
時代錯誤的対応への気づきを
【否認】してるんですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です