押尾被告強烈な逆キレがPTSDの動かぬ証拠

保護責任者遺棄致死などの罪で
裁判中の
押尾学被告(32)ですが
救急の医師は
すぐに救急車を呼べば
ほぼ100パーセント助かったはずだと
証言してますね。
押尾被告は
取調べ中に
そういう意味のことを言われ
「ものすごい切れたというか
『ふざけんじゃない』みたいな
『その医者連れてこいよ』と
キレたのが印象に残った」と

証言されています。
すっごくキレるんですね。
感情的に。
場所もわきまえず…
これは【解離】人格である証でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です