桂雀々さんのトラウマティックな人生

父親の
ギャンブル依存症
そもそもの始まりです。
小6のとき
たまりかねた母親が家出
否認の病ですから
現実を見ようとしません。
 ―子どもから見たら
  うそつきでいい加減
  こういう親モデルを見せることが
  そもそも虐待です。
  それが超自我形成に深く関与するのですから。
トラウマはさておき
現実を直視してほしいものです。
借金の取立て
もれなくついてくるでしょう。
 ―これもトラウマになります。
心中しようとも言われてます。
 ―PTSDのケースでよく
  語られます。
  明るく語られるのは
  躁的防衛でしょう。
  
ストレスフルな生活で
寿命を縮めてますから
お別れも早いです。
普通の死別でもショックですが
半ば自殺みたいなもので
わかっていても
相当なショックを受けます。
落語家にでもならねば
(あっちむいたり
 こっちむいたりして
 わけのわからない話をするのは   ←一太極二陰陽
 禅問答のもじりです。
 哲学と芸術の融合なのです)
生きてゆけなかったのでしょう。
しかし入門後
桂枝雀さんが自殺します。
みなショックだったでしょうが
雀々さんの場合は
トラウマがうずいたでしょう。
おだやかな明るさ
優しい視線を
大変なトラウマが支えています。
まだ50歳なのに
凄いと思います。

0 thoughts on “桂雀々さんのトラウマティックな人生

  1. えまちゃん

    SECRET: 0
    PASS:
    トラウマが支えています・・・と言う表現は
    凄いですね。
    胸が熱くなります。
    トラウマを忌み嫌うこと無かれ 味方につけよ!
    この根性を貫けたらと思います。

    返信
  2. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >えまちゃんさん
    そんな風に捉えることができるえまちゃんさんは
    大きなものを乗り越えられたのでしょう。
    PTSDと言っても、克服段階により、相当感じ方がちがうので、我ながら、なんとリスキーな記事を書いたのかとヒヤヒヤものです(;^_^A

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です