『チャングム』最終話 宮崎駿も観たかな?

この物語は
ふりかえれば
最初から
理不尽なトラウマティックな出来事の
連続で
チャングムの父親は
崖から転落
幻の中で
崖下の仙人に出会って
仙人が予言したように
物語は展開…
 ―夢分析でも
  箱庭療法でも
  第一回目に治療の全工程が
  示されます。
  トラウマに真空パックされてますからひらめき電球
宿敵は崖下に転落して
死亡します。
 ―みんな命がけです。
チャングムの娘は
チャングムに叱られながら   ←人生は理不尽です。
「どうして私だけみんなと
同じようにしちゃいけないの?」と
訴えてます。
 ―制約があると
  バネになって
  よけい飛び出すのかな?
  ポニョも閉じ込められてましたよ。
作者はこの娘に
面白いこと言わせてます。
「魚はどうして目を閉じないの?」
どうやって寝るのか?
痛くないのか?と…
お坊さんは
読経するとき
木魚たたきますね。
魚は眠らないものの【象徴】です。
【如人千尺懸崖上樹】の世界が
動き出すように
(華開世界起)
木魚をたたくのです。
(ま、実はちょっと眠いし…あせる
チャングムやポニョのような   ←華厳経的明るさひらめき電球
自己実現の原則は
眠らないんですね。
普遍的にどこにでもあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です