精神科医たちの懲りない詭弁はまだまだ続く…

精神科クリニックのブログは 
さすがにちょっと
追い詰められてます。

閉鎖も結構あるけど   ←からかえなくなっちゃった…ニコニコ

なんかしぶといわ…あせる

統合失調症は
そんなに多くないから
精神科に通う人の多くは
ストレスや性格の問題ではと
よく質問されるけど

約100人に一人程度の割合で
起こるものだから
リウマチなんかより
多くてよいし
(関節リウマチの有病率は0.7%)  ←なんか苦しい弁明…

うつ病なんかは
5人に一人がかかるわけで叫び

何と言っても
毎年3万人以上の方が
自殺で亡くなっていて
その約9割がうつ病や統合失調症などの
精神疾患にかかっていたというのだから
薬を処方するのが
自殺予防になるって
叫び

懲りませんね。

でも
いつまでもだまし通せるものではないのは
わかってて
カウンセリングへのお誘いもしてます。

そこでもなかなかお茶目な
言い訳が…

自費になるから
高いって言われるけど
精神科・心療内科では
保険で初回の診察を受けると
薬代は別で
7,000~7,500円程度かかるわけだから
そうでもないそうです。

毎月保険料払ってて
さらに毎回1万円を払うんですけど…あせる

「ゆううつだ」
「不安だ」
「イライラする」などというのは
誰でも経験するけど

「自分だけが意地悪される」
「自分には死ぬしか
道が残されていない」は極端で   ←いじめ=病気ですね。

精神医学の専門的な
知識のない人はすぐ

「何かストレスでもあるのだろう」と考えるけど
甲状腺機能低下症や
肝炎などの身体の病気や
ステロイドや抗がん剤などの
体の病気の治療薬が
原因になることがあるし   ←他科のせいですか…

うつ病や統合失調症などの
精神疾患の原因は
いまだよくわかってないから   ←??

総合的に対応する能力が高い
精神科医が

やはり必要なのだそうです。

ギャフンドクロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です