『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』ロンによるPTSD克服過程の説明

$PTSD研究家翠雨の日記
最終章の前編が公開中で
来日したロン役の
ルパート・グリントと妹たちです。
物語はいよいよ佳境に入り
PTSD色が強まります。
宿敵ヴォルデモート
抹殺の鍵となるのが
“分霊箱”です。  
トラウマみたいな核心ですから    ←象徴
探す旅に出るのです。
簡単ではないので
3人の友情の
試されます。
 ―物語はある意味
  バラバラに人格解離させてます。
  つまり自分のなかのいろんな能力を
  統合しながらフル回転させることで
  自我強化や自尊心を回復&成長させるのです。
  世間で言うみんな仲良くとかそういうのは
  むしろ反対の意味になります。
ファンは熱狂的だし
築いた友情は続いていくから
シリーズは終わらないと
妹の1人が笑顔で語っています。
 ―PTSDを一度克服したら
  次に何か困難に直面しても
  自力で克服します。  
  一度目の努力は永遠なんです。
  (一生ものの治療ドキドキとか呼んでます)
ロンは
危険をはらんだ任務に出るのが
見どころだから
人物像も変質的になったり
怒りをあらわにしたりすることを指摘してます。
 ―途中過程ですから
  これを病的とか性格異常と考えては
  いけないのです。
  薬を飲んでもダメですよ。
  でも一生このままでも困ります。
  「ありのまま」とか
  「共存」とか理屈つけてる人も多いですが
  あくまで途中経過です。 
そして
田園風景も多いそうです。
こころの自然ですね。
 ―自然は善悪を超えた存在です。
 暴れるかと思えば恵を与える。
 
$PTSD研究家翠雨の日記
自然が癒すのです。
薬物は
自然から抽出したとはいえ
人工的であり
薬害になるだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です