子どもの過激写真は「虐待」橋下知事

大阪府の青少年問題協議会は
 ―目をまっかに酷使しながら
  検閲してるのを
  見たことあります。
  なんともいえない大変なお仕事です。
18歳未満の子どもが
水着や下着姿などで
「扇情的な」ポーズをとる
写真や映像を
「子どもの性的虐待の記録」と定義する
答申を
橋下徹知事に提出しました。
橋下知事は
「表現の自由は
『いの一番』に守らなきゃいけない
権利だが
被写体の守るべき
利益もある。
表現の自由とは範疇の違う問題だ」と
述べました。
何かとワースト1の大阪ですが
児童虐待問題に関しては
最先端の基準を創りそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です