米国で無差別テロ未遂の19歳少年逮捕

米オレゴン州
ポートランドで

昨日

ソマリア出身
同州在住の
米国人の少年(19)
逮捕されました。

FBIが
テロ計画を察知して

おとり捜査を続けていたので

少年が起爆しようとしたものは
FBIが事前にすり替えた
無害の物質で

未遂に終わりましたチョキ

少年は
パキスタン北西部の
テロリストグループの一員と
電子メールで接触するうち

米国外の
別の人物から
テロの手ほどきを
受けるようになり

15歳の時から
「ジハード(聖戦)」の実行を
考えていた
といいます。

テロ行為は犯罪ですから
未遂に終わって
よかったわけですが

少年は失意のどん底で
不安や罪悪感、恐怖のコンプレックスに
押しつぶされそうになっていることでしょう。

パニック発作くらい起きても
不思議ではありません。

アメリカではどのように
対応するのでしょうか。

また罪はどの程度のものに
なるのでしょうか。

興味深いです。

ただ…

アメリカ行きの航空機は
最近
ボディチェックが
異常に厳しくなったようですねショック!

このままでは
事実上
半ば鎖国になるかも…あせる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です