母親が不倫し父親を焼き殺した子どものPTSD

香川県さぬき市の駐車場で
11月
乗用車が焼けて
焼死体で見つかった会社員(39)は
妻(27)と交際相手で専門学校生(21)が
「約1年前から不倫していたが
夫にばれたため殺し
焼身自殺に見せかけた」ことが
わかりました。
睡眠薬で眠らせ
バットでなぐり
車に火をつけました。
PTSDや解離という
用語は知らなくても
犯罪に使われる手口は
無意識のうちに
取り入れミックスされています。
まるで場当たり的に見えますが
これも
ユングのエレクトラ・コンプレックスにあります。
 
子どもが知れば
(報道されますから知るでしょう)
このコンプレックスを
引き受けさせられ
PTSDになります。
何の過失もないのに
一生かけて
禅問答のような謎解きに
人生を費やすことになります。
できなければ
自分の子どもが
同じ目に遭います。
未治療のPTSDは
罪深いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です