『崖の上のポニョ』以後としての『借りぐらしのアリエッティ』

ポニョは
パンフレットにも
書かれてますが
神経症と不安の時代を    ←PTSDねひらめき電球
どう超えるかという
メッセージとして描かれた
作品でした。
ポニョと言う名前に
答えが託されてましたね。
人千尺懸崖上樹】
ポニョ
監督は
ポニョみたいな
結論的作品を
発表しちゃったから
あとがなくて
もう描けないと
苦しまれたそうですが…
(あるいは
 そう言ってるだけ?)
私は
【如人千尺懸崖上樹】の
中身が
描かれている
ように思います。
これを見ると
ポニョは     ←陽
【如人千尺懸崖上樹】を外から
説明

アリエッティは  ←陰
【如人千尺懸崖上樹】を内から
説明
しているように
思います。
心理療法では
人を内から理解することが
大事
なのですひらめき電球    ←内的理解
だから
アリエッティは
描かれねばならなかった
作品だと
思います。
映画館でまず
気づいたのは
これですねダウン
PTSD研究家翠雨の日記
そもそも
崖ってのは【象徴】で
足がすくむような
高くて怖い場所ですからね。
ポニョが
崖の上の宗介の家に行って
これから
【如人千尺懸崖上樹】が
始まるのです。
この高さを見せると同時に
やっぱり
怖いし
無理でしょうと言わせないために
PTSD研究家翠雨の日記
お父さんは
「待ってなさい」と言って
お手本を見せます。
 ―探検隊みたいなんです。
  父性のいいところが
  上手に表現されてます。
  PTSD克服に大事ですよねひらめき電球
禅の公案みたいな課題は
 ―少なくとも
 夏目漱石の『門』の
 崖下に住む宗助まで
 ルーツを探ることができます。
アリエッティにも
引き継がれましたよクラッカー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です