大阪府教委がPTSD解離体罰校長ら3人処分

★児童の頬を平手打ちし
鼓膜を破り
全治一週間のけがを負わせた
市立小学校校長(57)は
感情的にたたいてしまった」と
言っています。
 ―キレるのは
  解離です。
  治療が必要ですが
  減給3か月のみなら
  【認知行動療法】ですね。
  (間違いをしたら不快な罰という条件付け)
   限界のある治療法です。
★電車内で
女子高生の体を触ったとして
現行犯逮捕された
府立高の男性教諭(27)は
停職6か月の懲戒処分
 ―これも良識を解離してますが
  依願退職しているので
  少しブレが小さいです。
  ただ
  最近大阪では
  1ヵ月後採用試験を受け
  別の学校に復職していた
  前例が
  発覚したばかりなので
  なんとも言えません。
★顧問を務める
男子バスケットボール部員に
体罰を繰り返していた
高槻市立中の男性教諭(32)
減給3か月
 ―DV男ですね。
  ちょっと重篤な解離人格です。
  行動療法では
  相当無理があるでしょう。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です