『借りぐらしのアリエッティ』 ~『人形の家』に連れ戻される

イプセンの
『人形の家』の
ヒロインは
「あたしは
何よりもまず人間よ」

夫にそう言いおいて
家を出ます。
 ―要するに
 この家にいたら
 人間ではいられないという
 ことですね。
$PTSD研究家翠雨の日記
これは夫婦の問題だけではないと
思います。
親子版
『人形の家』
もあるでしょう。
ヒロインは
親子版『人形の家』から
イプセンの
『人形の家』に
引っ越しただけのようです。
$PTSD研究家翠雨の日記無意識=常識
無意識のうちに
そういうコースを
選んでしまうのでしょう。
 ―虐待でもDVでも
 そういう連鎖がありますねひらめき電球
日本では
ヒロインのように
気づき
家出しようとする人が
増えています。

意識が
「いやだなぁ」と感じる
随分前から
無意識に
家出願望が生まれますから
わけもなく
眠れなくなったり
(一大事ですから)
死にたくなったりするのです。
(変わりたいが死にたいと
 翻訳される)
でも…
クリニックに行ったら
うつ病です。
お薬どうぞ」
カウンセリングでは
「恵まれたおうちじゃないですか。
あなたわがままですよ。
少しずつ我慢する練習を
していきましょうね」   ←行動療法
『悪いのは私?』
これが
アリエッティでは
【ドールハウスねじこみ事件】で   ←人形の家
表現されてます。
カルト集団から脱走して
連れ戻されるような
恐怖感でしょう。
 ―次の脱走は
 相当な時間と勇気を要します。
だから
一度薬を飲んでしまうと
治らなくても
うつ病という診断名にしがみついたり
暴君と同一化して
(しがみつけば恐怖感は消える)
自分には甘く
人を支配しようとする
加害親やDV夫(妻)になる人が
少なくないのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です