『借りぐらしのアリエッティ』集合的無意識のなかの原始人スピラー

傷ついたお父さんを
助けた
原始人のような少年
スピラーです。
PTSD研究家翠雨の日記
怖がりのお母さんは
見ただけで
ビックリ仰天叫び
タオルを貸してあげても
クンクン匂いをかいで
(石鹸の匂いに反応したのか)
出てゆきたがり
食事に誘っても
PTSD研究家翠雨の日記
こおろぎの足があるからいいと
言います。
「(一緒に)食う?」と言われ
最近
狩りならぬ【借り】を
経験し
勇敢になったつもりの
アリエッティも
さすがに
たじたじですあせる    ←修行が足りん!
$PTSD研究家翠雨の日記
アリエッティたち
【象徴】は
無意識の底の方に住む
人間の祖先の無意識にも
支えられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です