繁昌亭で歳末だじゃれ餅つき大会

昨日
もちつきをして
約40キロのもち米を
きな粉餅やぜんざいにして
来場者らに振る舞いました。
$PTSD研究家翠雨の日記
三枝会長は
モチも
(もしも)

来年嫌なことがあっても
ツキ出そう
皆さま方には
運がツキますように
繁昌亭もツキまくりますように
杵ん(祈念)します」と
ダジャレであいさつ
桂文福(57)は
「餅つきとかけて
熱戦大相撲と解く。
その心は
ついたり押したりするうちに
水が入る」と
得意の謎かけ
披露しました。
  …
日本人の話は
一面的ではないのです。
オチや心(真の意味)を
必要とします。
言いっぱなし
迷惑かけっぱなしの
【解離】禁止の
トレーニングです。
『その行動をする
真の意味は何か?』
 
煎じ詰めれば
『あなたは誰か?』と問う
禅問答流です。
$PTSD研究家翠雨の日記
無意識は駄洒落で
できていますからね。
笑いながら
心身一如的に     ←感官
解きほぐしていくのも
1つの健康法です。
落語で鍛えると
解読がうまくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です