『借りぐらしのアリエッティ』去るのが当然の【象徴】

きたやまおさむの
【夕鶴症候群】
とてもわかり易い。
DVや虐待でも
被害者は身を削って
その場を守ろうとする。
職場でパニック障害起こす人も
同じです。
いじめと否認の構造が黙認され
一人で仕事を
抱え込まされていました。
   …
でも
そもそも鶴というのはひらめき電球
雄が一声鳴くと
必ず
雌が二声鳴いて答えるらしいです。
 ―朝日新聞の同じ記事に
  そう書いてありますニコニコ
一生添い遂げる習性で
どちらかが
怪我をしたり
死んだりすると
悲しげに
振り絞るように鳴き    ←PTSD予防
死体が氷の下になっても
姿が見えなくなるまで
鳴き続ける
タンチョウなんかは
アイヌ語で
湿原の神さま
サルルンカムイ)と呼ばれているそうです。
PTSD研究家翠雨の日記太極
陰陽の法則そのものの
去る神さま
【象徴】です。
傷ついた鶴を助けると
夫婦の家が豊かになるお話ですね。
(『鶴女房』はこれをもとにした
 変形です)
しかし
そこに胡坐をかくと
逃げてってしまいます。
 ―よい夫婦と悪い夫婦
  (陰陽)にも変形できる
  元型です。
鶴は太極
(混沌)の象徴でしょう。
トラウマを癒せば
傷つく前より
豊かになる。
でもそこで慢心すると
たちまちもとの木阿弥…あせる
トラウマと向き合う過程は
長く厳しいですよね。
ハッピーエンドではなく
ネバーエンディングストーリーが
東洋思想的なリセットの法則ですからね。
そこで
アリエッティですがひらめき電球
$PTSD研究家翠雨の日記
アリエッティにお母さんが
縫い物指導してます。
何に使うの?と訊くアリエッティに
お母さんは
答えず
悲しそうな顔をします。
人間に姿を見られて
去るときが来たのを直観したからです。
こんなモチーフも
含まれていると思います。
朝日新聞さん
気づかせてくれて
ありがとうニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です