受験祈願と集合的無意識への願掛け

$PTSD研究家翠雨の日記
大阪にある
受験で有名な寺の1つです。
文殊菩薩をご本尊にしているからか
 ―智恵の仏さまですね。
  でもそういう寺なら
  他にもありそうですが。
寺の建物に
願い事を書く人が絶えず
困った寺が
ハンカチに書くように
してもらったそうです。
数万枚も売れるのですから
凄いです。
ご子息が
受験に失敗したことがあるのは
わりと知られています。
要するに
いわゆる
狭い意味での
信心とか信仰とかいうのでは
ないんですね。
自分の意思を
書き綴りたいという
気持ちの表現ではないでしょうか。
韓国ドラマ『チャングム』のお話でも
チャングムの母親は
宮中の伝統にひとこと
書き連ねたいと望みながら
精進し
陰謀によって
果たせなかった無念は
チャングムによって
命がけで綴られました。
$PTSD研究家翠雨の日記
私の場合も
臨床心理学の一学徒として
大きな流れの中に
書き綴りたいという
私の想いが
学会発表させ
ブログを書かせているのは
確かです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です