飲酒暴走で高校生を死亡させた仙台のPTSD解離男

仙台市で
28歳無職男性が
乗用車で
歩道に突っ込み
高校一年生男子が
頭などを強く打ち
死亡しました。
基準値の3倍の
アルコール量だったそうで
これは
逮捕されたかったとしか
思えませんね。
PTSDで
自分がコントロールできず
「誰かとめてくれ!」という
ことだったのでしょう。
無差別殺人の犯人は
そんな風に当時を回想するものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です