秋葉原加藤被告の「本心が見えない」で苦しむ遺族への処方箋『黙って行かせて』

大学生の長男(当時19歳)を
殺害された父親(56)は
真相を知りたいと
28回の公判すべてを
傍聴しましたが
何を考えているのか分からない」と
訴えます。
なぜかと言うと
★質問には、ほぼ淡々と答える。
 ―「苦しみが分かるなら
  もっと法廷で感情的になるはず」
  常識的にはそうですね。
  感情の【解離】ですね。
★瞬間をよく覚えている。
 ―「なぜ、そこでやめないんだ」と
  怒りに震えた。
  自我は【解離】し
  トラウマに乗っ取られてますから
  加藤被告の自由意志は
  ないのです。
  他の解離犯罪者は
  『誰か止めてくれ!』と
  叫び
  羽交い絞めにされて
  安堵したと語ります。
★瞬間の話をするときの
「目が大きく見開かれ
『なんで』と
訴えかけてくるような表情が
気持ち悪い感じがした。
 ―内的対象関係の病
 だからでしょう。
 
 本来は箱庭のなかで
 考えることでした。
★5ミリほどの小さな字が
便箋2枚に並ぶ謝罪の手紙
 ―几帳面な正確も
 解離の前には
 関係ありません。
こんな裁判に寄り添っておられる方でも
PTSDの【解離】をご存じないですね。
「どうして事件を起こして
冷静でいられるのか。
本当のことを言え」と
横目で被告に訴えられたそうです。
悲しいことですが
解離人格には
みな同じような感情を抱かされるものです。
読んでみてほしいですね。
$PTSD研究家翠雨の日記
アウシュヴィッツの看守をしたあと
PTSDを発症した
母親の話に
愕然としながらも
絆と呼べるものはないのかと
探さずにはいられない娘の
思いがつづられた実話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。