PTSDは甘酸っぱさを嫌う

PTSDとひとくくりには
でませんね。
未治療のという
前提つきです。
 ―予後のよい人は
  甘さよりすっぱさを
  好みます。
  甘さは自分への
  甘やかしになります。
  厳しいようですが
  東洋医学ではそうなります。
  坐禅で心的に消耗する
  僧が少し口にしても
  許される代物です。
★50代のPTSD女性は
「甘いかすっぱいか
どっちかにしてくれ!」
レストランで機嫌よく
食事をしていても
デザートに
アプリコットソースが
かかっていた日には
怒り狂います。
強気で偉そうに見えますが
『勘弁してくれ…あせる』が
本心です。
混乱させられるのです。
 ―脳が誤作動起こしそうな
 イメージらしいです。
★発達障害誤診の
PTSD5歳児も
イチゴ狩りで
混乱し
マニックディフェンスから
(躁的防衛≠躁病)
お友達を突き飛ばし
怪我をさせてしまいました。
写真には不機嫌な気持ちが
ありありと映っています。
 ―親は
 「ブサイクだ」としか
  感じないようです。
  『どうしたの?
  A君?』って
  どうしておもわないかなぁ…ショック!
イチゴを1つも食べずに
練乳をなめていたそうです。
まあ
この時期のイチゴなんて
不自然きわまりないので
食べなくてよいですが
甘いもので
自分の気持ちを立て直さねば
ならないほど
心的エネルギーを
消耗していたのですね。
ミルクみたいでも   ←退行&癒し
ありますしね。
専門家に囲まれている
5歳児も
自力でPTSD克服の世の中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。