傷心の長沢芦雪を癒した満月の陰陽五行

水墨画は
黒と白と
その濃淡の世界です。
 ―東洋的ですね。
 陰陽五行の世界です。
白黒だけなのに
そこに
明るさや自由奔放さ
個性が
生まれるのが
東洋的な奇跡です。
 ―奇をてらうのではなく
 質実さのなかに
 奇が生まれるのです。
 誤解の多いところです。
$PTSD研究家翠雨の日記
長沢芦雪は
江戸中期の画家
有名なのは
ふすま4枚分のこの絵ですが
二人の子どもと父親を亡くした
傷心は
彼に満月を描かせたようです満月
納得ゆくまで
描き続ける作業
が必要でした。
まるい月は
マンダラですね。
 ―丸を描いてもダメですよ。
 自分の内側から
 にじみ出るマンダラです。
そこに透明度と
無限の光を求めたようです。
描くことで
トラウマを
薄く薄くさせながら
 ―描けば薄くなるのです。
 PTSDの表面的な症状は
 すぐ消えるものです。
 
思いがけない
癒しに出会い
感動したのではないかと
想像します。
8時から
NHKのハイヴィジョンで
やってるみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。