しんどいときは抗うつ薬ではなく食べてみる

$PTSD研究家翠雨の日記
精神科医は
うつ病だとか
お薬が大事ですとか
言うのを
パタリとやめ叫び
 ―少しくらい説明しても
 よさそうだけど
 黙認してあげよう。
ダイエットのこと
書く人も
案外多いですネ。
 ―うつとの関係は
 全くない
 新しい顧客獲得のための場合と
 過食をうつと捉えている場合が
 あるようです。
食べたものは消化しますから
食べすぎは
臓器の疲弊につながり
気持ちが落ち込み
過眠の原因にもなりますし
 ―慢性疲労症候群
 (多分PTSDだと思うけど)の
 数割はこれだと言われています。
 あとうつ病説とか
 ウイルス説
過剰に甘いものを食べてると
感情のコントロールが
狂うことがありますよね。
食は
命綱ですから
$PTSD研究家翠雨の日記
食べすぎも
食べないのも
 ―陰陽を超えた問題
問題です。
苛められて
DVで
余裕がなく
食べることを忘れている場合もあるでしょう。
意識が朦朧としますよね。
 ―そのままで
 新しい接点を求めていくのは
 達人の領域なので
 (いずれ大事になってくるとは
 思いますが)
まずは
素朴でまっとうなものを
(高価なものでもなく
好きなものでもなく)
食べてみることでしょう。
精神科のセンセイは
かまぼこじゃなくて
カニの食べ方
写真つきで
わかりやすく説明してましたニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。