大相撲再生のためのガバナンスも陰陽五行

$PTSD研究家翠雨の日記
日本相撲協会の
「ガバナンス
(組織の統治)の
整備に関する独立委員会」
島座長から
駒理事長へ
 ―放駒とは面白いお名前ですね。
 解離を連想させる。
 「(八百長は)昔はなかったことで…」って
 言った人でしたね。
 解離しやすい自我の
 奥にあるセルフが
 出てきました。
答申が渡されました。
 ―お辞儀は
 双方の【自己否定】です。
 どちらが偉いのでもない。
 関係することで
 正しいものが生まれるのです。
 PTSD治療も
 自己否定から始まりますよね。
   ―否定しときゃいいなんて
   傲慢は困りますがね。
$PTSD研究家翠雨の日記
文化を守りながら
近代的に変えていくことが
伝統であるとの
確認です。
$PTSD研究家翠雨の日記
型は大切に
時代の風を取り入れるのが
基本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です