瑛太は悲しみの家族葬でこころのケア中

16日に
都内のマンションで自殺した
俳優・瑛太(28)
永山絢斗(21)兄弟の父
永山博文さん(享年55)の
“家族葬”
ありました。
すべて
ひっそりと行われるのが
密葬であるわけですが
対応に当たった
事務所関係者によると
「(瑛太は)
現在お話できる状態ではなく
(通夜や告別式に関しても)
まだお伝えできない状態」

だそうです。
当たり前です。
父親に自殺されて
気丈に
大規模なお葬式の
喪主が務まる方が
どうかしているのです。
 ―確かに立派ですが。
そして
これだけの有名人のお父さまですから
最期のお別れをしたいと
望む方々は
大勢いらっしゃるでしょうが
家族が
喪の作業に服することが
一番大事
なので
 ―世間的には
 そういうことを言わない方が
 よいのでしょうが
 
少人数で厳選する選択をすることが
増えているようです。
 ―呼ばれなかった人は
 いろいろ感じるでしょうが。
それでよいのだと思います。
厳かなこころのケアなのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。