薬害性PTSD難民

【がん難民】
増えているそうです。
★納得のいく治療法を選べなかったり
★医師の説明が不満だったり
★治療費が高額だったり
 ―誰のせいかなんて
 問題を超えた
 現実がみえてきます。

PTSDと同じ
ですネ。
 ―昔は
 ①自分で考え抜く過程を
  支えるものが普通にあり 
   ―哲学・宗教・文学など
   小説は心理事例研究です。
 ②心理療法が
  もう少しましな程度に
  機能していました。
精神科依存薬という
麻薬が流行しだしてから

 ―昔は
 普通の人でも
 薬への懐疑論や
 警戒心がありました。
世の中が
狂い始めたのです。
麻薬中毒のひとに
「あなたのこころの声を
聞きましょう」と言っても

返ってくるのは
「クスリくれー!!」
  ―とてもとても
  「あなたはそのままでいい」
  なんて言えませんからあせる
クスリをくれる人が善人
クスリをくれない人は悪人
やさしい人が善人
厳しいことをいうのは悪人
そういう二元論から
開放させて
やっと
昔の心理療法が成り立ちます。
そしてひらめき電球
がん告知された人も
PTSD予備軍ですからね。
 ―キューブラー・ロスの古典が
 今、見直されています。
 $PTSD研究家翠雨の日記
クスリがもらえないのは
死の宣告

響きますから
まずは
否認が起ります。
「私はPTSDではありません」
気づかないと
抜け出しにくい
構造がありますから
まずは知的に意味を
理解することが大事なのですニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です