PTSDの愛子さまと雅子さまについての皇太子さまの解説

$PTSD研究家翠雨の日記
51歳の誕生日を迎えられ
お住まいの宮御所で
 ―陰陽五行説では
 東は
 春の息吹や新生を意味する
 【木気】
 人間は魂を鼓舞し続けることが
 大事なので

 次世代を担う家族がここに  
 (歴史的には
 イジメの対象になりやすい)
 お住まいです。
若者の
内向き志向」を案じ
「若い世代のみなさんには
世界のさまざまなことに関心を向け
広く世界に羽ばたいていただきたいと思います」と
期待を述べられたうえで
 ―PTSD治療の魔境でも
  あります。
  (発症したばかりの人は
  気にしないでねニコニコ) 
愛子さまについては
「愛子は学校で怖い思いや
つらい体験をしました
」と
ご説明。
 ―恐怖やつらさは
 身に余るストレスですから
 PTSDによる
 不登校
であることの強調
「本人の気持ちを大切にしながら
 ―恐怖やつらさは
 なかったことにはできません。
 そんなことしたら
 いつか廃人になってしまいます。
学校の理解と協力をお願いしつつ
周りの助けも借りながら
元の状況に戻れるよう
環境づくりを引き続き行っていくことが
必要であると考えております」
 ―治療環境の整備について
 長々と語っておられます。
 庶民のブログや
 最近の週刊誌なら
 「治療者は何やってんだ!」って
 一言ですむところ
 このお気遣いわかりますか?
雅子さまについては
「愛子が元通りの通学に戻るために
母親として可能な限りの努力を  ←自力
払ってきているのが現状で
私自身そばで見ていて大変だと思いますし
雅子自身の体調が万全でない中で
毎日本当によく頑張っていると思います」と
ねぎらわれました。
親子の治療は
連動しています。
 ―まともな治療現場では
 親子並行面接が
 基本です。
 ないから
 自力でがんばっておられるのですショック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です