星和書店『羽のない天使たちへ』摂食障害は再びPTSDとして扱われ始める

摂食障害を
パーソナリティ障害を
 ―多分境界性人格障害と
 言うつもりはなく
 「問題が人格に顕著に出ている人たち」
 くらいの意味で使っていると
 思いますひらめき電球
基礎に生じる
心理身体的な疾患として
捉えて
 ―素直に読めば
  PTSDということです。
治癒の可能性も
視野に入れています。
最近は
摂食障害で苦しむ人が
病院に行っても
説得療法か
行動療法が
せいぜいです。
$PTSD研究家翠雨の日記
 ―動物の本能実験を
 人間に応用しただけです。
薬を使うなら
依存症への【条件付け】
できてしまいます。
箱庭療法をしても
置かれたかぐや姫を
『やっぱりわがまま』と断罪叫び
 ―自己実現モデルです。
秘密の打ち明け話をしても
「うそっぽい」
 ―トラウマの核心なのに
 傾聴しない。
行動療法と変わりません。
基本的に
患者さんを【発達障害】と
みなしているからです。
$PTSD研究家翠雨の日記生き難くしたのは誰?
20年くらい前までは
心身症という考え方が
ありましたし
まともに治療されていました。
 ―その頃なら
  摂食障害は治っています。
やっとまともに
なってきましたニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。