ユング心理学からみた『エアベンダー』の現代的意味

$PTSD研究家翠雨の日記
ストーリは
【陰陽五行説】っぽいです。
  ―そのままではないですし
  
  他の文化権にも
  かつて錬金術の時代がありましたから
  似たようなのがありますが
 【気】が中心ですから。
$PTSD研究家翠雨の日記
ストーリーは
「かつて 
世界は
気、水、土、火の
4つの王国によって
均衡を保っていたが

の国」が
反乱を起こして以来
100年にわたる戦乱が続いていた。
伝説によると
全てのエレメントを
操る者だけが
世界に
秩序を取り戻すとされ
「気の国」
最後の生き残りである
12歳のアン
に希望が託される」
かつては
こころの研究は
進歩を続けていたのです。
占いや祈祷の世界から
もっと科学的で
よいものにしようとしていました。
★精神分析
★ユング心理学
★仏教の心理学
どれも
すばらしいものです。
しかし
ここから進化するどころか
おおもとの先行研究が
なぜか忘れ去られ
安易な薬物治療で
人類のが壊されているのです。
 ―写真は脳を強調しています。
中国の考え方では
こころは
精・神・気
今の精神科には
気が抜けており
(やる)気がないのです。
なかなかの風刺ですニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。