注目のJR新幹線管理本部の男性車掌がPTSD解離性犯罪

新幹線での通勤費用
約216万円を支給されていた
29歳の車掌が
「金に困っていた」ので
2009年から
自身で勤務中に
不正に発券した
「団体旅客降車用証明書」や
入場券(140円)
厚狭―新山口、新岩国―広島間の
最短区間の特急券(830円)を使って
不正乗車を繰り返していました。
充分な給料を貰っていても
横領したり
さらに利益を得ようとする
人間はいます。
たいてい
PTSD解離人格です。
何らかのトラウマが
こころの深層にあるのです。
注目の新幹線
ケチがつきましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。