学校の不適切対応を動かした桐生市小6イジメ自殺

昨年1年間に
全国の法務局や
人権擁護委員が
相談を受け調査した
人権侵犯」 ←PTSDのひらめき電球原因
約2万2千件のうち
いじめへの学校側の対応が
不適切だったとする内容のものは
前年の
1.5倍の

2714件に達しました。
  ―2001年以来最多
昨年10月の
群馬県桐生市で起きた
小学校6年の女児が自殺問題

影響が大きいようです。
 ―たった2ヶ月の間に
  文部科学省は
  いじめ対策の取り組み状況の
  把握を進めましたし
  学校側の問題意識は高まっています。
学校側は
必死で【否認】しながら
【合理化】規制を働かせつつ
謝罪してましたね。
実に苦しそうでした。
世の中に
『こういうのおかしいんだ』
『訴えていいんだ』と
気づきが起ったのですネひらめき電球
しかし
まだまだ
学校側が
校内のいじめの存在に気づかず
被害者が
法務省の相談機関など
外部に相談して
学校が指導される構図が
あるようです。
子どもの犠牲を通して
PTSD問題は
少しずつ進展しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です