福島第1原発事故で陸空からの死闘を見守る国民も心理的被爆に注意

★陸上自衛隊の
ヘリコプターから
水を投下
★警視庁の
高圧放水車も
地上からの放水を
準備しています。
隊員の高レベルの被爆が
避けられないと判断され
作業を見送っていたのでしたね。
自衛隊の方々も
死の恐怖と闘って
おられます。
外地ではない
内地での対応ですから
国民も
それを少しずつ
共有しています。
ときどき
身体を動かし
音楽を聴いたり
水分補給をしたり
おしゃべりしたり
してくださいね。
長期戦ですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です