大震災ショックで【象徴】実在の確認 ~米誌が日の丸にひび

$PTSD研究家翠雨の日記
米誌
ブルームバーグ・ビジネスウィーク
最新号の表紙です。
ニューヨークの日本総領事館は
「(東日本大震災の)被災者
救援や復旧に当たっている日本国民
協力を惜しまない
多くの米国民の心情に照らしても
不適切だ」として
抗議しました。

日本の国の象徴ですからね。
― 見ると
  言語化できないきもちが
  沸き起こるのが
  象徴です。
連帯を復興への信頼の表現と
強調されても
亀裂に見えてしまうのですね。
 ―投影が起こります。
 
妙にふかーく
言語化できない痛みを
感じるわけですね。
象徴はやはり生きているなと
思います。
狭い国でありながら
バラバラに見えて
日本という国が
精神的にも
存在しているのだなとも
思います。
$PTSD研究家翠雨の日記
PTSD関連の
表現や発信は
難しいですネ。
デリケートな問題ですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です