『崖の上のポニョ』の宮崎監督「絶望する必要はない」

東京都内で会見し
東日本大震災について
「私達の列島は
繰り返し災害におそわれてきたが
それでも自然の豊かな恵まれた島。
困難や苦しみがあっても
もう一度美しい島に戻すために
努力する甲斐がある
」と
語りました。
今夏公開予定の
スタジオジブリ作品は
「コクリコ坂から」
制作に入っているそうですが
「がれきに埋もれ
埋葬もできない人が
大勢いる国で
アニメを作っている自覚がある」

厳しい表情で語り
「この映画が多くの人たちの何かの支えになってくれたら」
原発事故の前線に立つ
自衛隊員らについて
「感謝と…誇らしく思います」と
声を詰まらせる場面もあったそうです。
   …
神経症と不安の時代のために
 ―PTSDの時代
『崖の上のポニョ』以来
乗り越え方を提示されてきましたからね。
私もこの国で
臨床心理学を研究している
自覚を新たにします。
来年の学会発表は
「コクリコ坂から」か…。
 ―今は
  9月に九大である学会での
  アリエッティの発表の準備中です。
私は
ジブリとともに
ありますニコニコ
$PTSD研究家翠雨の日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です