大震災発生でも容疑者はPTSD解離人格だから釈放してはいけない

江田五月法相は
衆院法務委員会で
東日本大震災発生直後
仙台、福島両地検が
釈放した勾留中容疑者
計約60人を
今後も捜査する考えを
強調し

「超法規的に釈放したものではない」と
述べました。
 ―内陸に移送する判断をした
 警察署もありますからね。
 捜査を打ち切るわけではないということは
 昨日の報道にもありました。
 慌ててたことに対する否認が
 ちょっとあるような気がします。
それはそうとして…
問題はひらめき電球
犯罪者は
PTSD解離人格ですから
快ー不快の
感情論で行動する
傾向が
強いです。
逮捕されたら
ショックを受けますが      ←不快
無条件に開放されたと感じると  ←快
(現状はマークされていても)
『助かった!
天の恩恵だ!
自分は特別だ!』と
勘違いし
小児的万能感が増長します。
 ―覚せい剤使用中は
 急行列車も止められるし
 ウルトラマンみたいに
 空を飛べると思ってますから!
$PTSD研究家翠雨の日記
アルコールで
不安を解消させたように
脳内麻薬が出るのです。
行動療法的には
失敗ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です