震災ショックで気づいた『吾輩は猫である』はPTSD解離小説である

猫の飼い主は
 ―そもそも
 猫というものは
 人の家に居候しながら
 飼われている意識なんかない
 不思議な存在ですニコニコ
 $PTSD研究家翠雨の日記陰陽超越
苦沙彌(くしゃみ)先生
 ―なんで今まで
 気がつかなかったのだ?
ハックション!って
くしゃみした直後
 ―八苦ションて転換されるから
 面白くて仕方がないけどあせる
 くしゃみしたら
 周囲の人必ず
 笑いますしねニコニコ
 脱線(解離)せずに次行きます!  
算数ができますか?
頭お留守でしょ?
 ―解離の象徴ですね。
  くしゃみしただけで
  病気ではなく健康ですが。
しかも
(漱石もそうですが)
英語の先生
日本人なのに
英語しゃべるのです。
 ―今はたくさんおられますがあせる
猫の目で見ると
 ―人間の常識を離れると
先生(解離)の周囲に集まる人が
 ―エリートだと思いますよ。
 西洋的な意味ではなく
 日本的な意味であせる
おかしく感じられてくるのです。
 ―猫の視線をもつ子は
 (居場所がない子ですね)
 世の中斜めに見ます。
 そして猫じゃないから
 苦しみます。
 
 それがPTSDの素ですひらめき電球
小説らしい筋書きがないと
悪口言われるのも
解離小説だからですねひらめき電球
 ―ユング派はPTSD児の箱庭には
 物語がないから
 発達障害だと言います。
 漱石は発達障害か?
 ならポニョもそうだな?
 かぐや姫は発達障害だと
 既に公言してるか…
 めちゃくちゃだむかっ
日本の落語や歌舞伎など
江戸文化の粋と
西洋文化が
パッチワークのように
詰め込まれた作品でもありますひらめき電球
つめこまれた箱庭は
発達障害の証とかも
言われますが
整合された世界に
PTSD研究家翠雨の日記
(その人のタメを思ってあせる
人工的に詰め込まれることはありますし
虐待児やDV家庭の子の表現に
多い現象です。
PTSD研究家翠雨の日記アリエッティより
怖がらせといて
「あなた怖がりすぎ!」
「安定剤飲んでますか?」
「考えすぎです」
「わがままですね」
日露戦争の非常時に
ロンドン留学で
PTSDに苦しむ漱石が
デビュー作として書いたというのは
興味深いです。
 ―初作には
 その後のすべてを
 俯瞰したものが出るものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です