津波がPTSD解離犯罪人格【六条御息所】を思い出させた

未曾有の大ショックで
須磨や明石に流され
復活した
光源氏が思い出されたのでしょうか?
 ―そもそも
 心理学や宗教・哲学が
 親しまれるのは
 不幸な時代の証です。
 普段は
 辛気臭く感じられて
 ちょうどよいのです。
朝日新聞では
『源氏物語』が
取り上げられていますし
林真理子さんが
六条御息所の視点で書いた
本の広告が
ありました。
$PTSD研究家翠雨の日記
親との縁が薄く
結婚後は薄幸なイメージです。
 ―親との関係は
 恋愛や人生に
 無意識的に持ち越されます。
孤独であり
傷ついているはずですが
きちっとした性格で
【否認】がきついようです。
娘の斎宮就任後
まもなく発病
出家し
36歳で亡くなったのは
自らの半生を
娘に投影したショック反応
でしょう。
また
六条御息所と言えば
周囲の人を苦しめる
【解離人格】です。
生霊としては
★葵の上を死に至らしめ
★夕顔をとり殺す。
死後は
死霊となり
★紫の上を危篤に陥れ
★女三の宮を出家に至らしめる。
今なら
裁判員裁判の対象ですニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です