六条御息所に解離性同一性障害をみない現代箱庭療法

最新号に興味深いケースを
みつけましたダウン
$PTSD研究家翠雨の日記
母親が育児ストレスを感じて
★4歳のときから就業
★父が甘やかし
母が厳しくする育児方針にしたものの
父親は男兄弟で育ち
女の子の気持ちがわからず
結果的に
家庭内では
この子は独りぼっち
一方
母親は弟を甘やかしていたと
さらりと書かれているが
これはネグレクトに近いと思う。
治療を受けるようになったのは
★「ハサミをもつ怖い男の人が見えた」と
震えていたり
★「記憶がないのに
ハサミをもち
自由帳や教科書を切り刻んでいる」
 ―先の★は投影
★「頭痛がして
『ボケ』『死ね』との
悪口が聴こえる」からでした。
治療の中で
自分は六条御息所であると
気づいてゆくわけですから
「私は解離してたのね」と
気づき
 ―普遍性に触れており
 (独りぼっちではなく)
  しかも知らず知らずのうちに
  六条御息所を
  超えてますから
  癒しがあると思います。
  (同一視ではダメなんです)
 もちろんこの子は理屈は
 知りません。
優しいセラピストとの間で
育ちなおしをし
両親が親らしく変化して
終結を迎えたと
私なら書きますが
査読者が
「解離」「PTSD」「虐待」は
いけませんとでも
言ったのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です