震災後の『心理臨床学研究』も臨床心理研究らしくなる

$PTSD研究家翠雨の日記
うつ病や発達障害という
言葉は消えました。
この論文なんて
うつ病を治して欲しいと
家族が連れてきたケースですが
本人は
「トラウマがきつい」と
最初から言ってますからね。
 ―言葉にしにくくて困っていたので
 臨床心理学らしく
 非言語で対応
したのです。
うつ病からPTSDへの
過渡期をよく表した
象徴的なケースだと思います。
少し前から
 ―論文は一夜では
 掲載されませんから
臨床現場は
こういう風に
動いていたのだと
推測します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です