クレーン車事故で6人が亡くなった栃木県鹿沼市の小学校のこころのケア

児童6人が死亡した事故から
一夜明けました。
今朝は
6人が通っていた
市立北押原小学校の児童たちは
大人たちに付き添われながら
登校しています。
★事故の目撃者を探すための
検問実施
★容疑者(26)が
「居眠りをしていた」らしいので
勤務や生活状況などの調査
★現場には花束が供えられ
★PTAの役員らの「おはよう」などとの声かけ
★集団登校
★警察官が先導
★保護者の運転する車で登校する児童
こころのケアのエッセンスが
詰まっています。
今後は
★カウンセラーを置いて
児童の心のケアに努めていくそうです。
 ―予防に予防を重ねても
 PTSDが発症することがありますからね。
 それでも引き続き
 丁寧に関わってゆけば
 複雑化重症化することは
 ありません。
この事件を見聞したら
愛子さまにつきそう
雅子さまの気持ち

 ―わがままではなく
  こころのケアだったんですよ。
理解されるのではないかな?
 ―ご自分のように発症したらいけないとの
 祈るような気持ちがブーケ1
 観えてきますよねニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。