震災ショックで自明になったこころのケアの象徴としての天皇制

謙虚で控えめな存在でしたから
わかりにくかっただけで
このたび明らかに
なりましたね。
$PTSD研究家翠雨の日記
わかってみれば
敗戦のときも
こころのケアをされていたのが
思い出されるはずです。
玉音放送は
平易に語りかけられたので
誰も
気がつかなかっただけで
出典は
きちんとした
哲学に基づいています。
美智子さまの
著書も
『橋をかける』という
やさしいタイトルですが
心理学の基本について
書かれたものです。
百尺竿頭一歩進めよの
精神で
平成版も更新中なのです。
$PTSD研究家翠雨の日記
隠された神々
 ―象徴は隠されながら
  伝えられるもので
 異常事態には
 顕現します。
これが
わが国の
臨床心理学の基本でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です