大震災ショックで「原子力損害賠償紛争審査会」は精神的苦痛も認める

文部科学省で開かれ
1次指針の原案が示されましたが
 ―可決しそうです。
東電による仮払いを促すことが目的で
緊急性が高く
賠償の範囲として
合意が得やすい対象が
選ばれました。
政府の指示で避難した住民に対しては
〈1〉避難費用
〈2〉営業が困難となった場合の減収分
〈3〉検査費用
〈4〉精神的損害
――などが賠償の対象となることが
大筋で了承されました。
暴力事件でも
慰謝料ってなかなか
認められませんからね。
 ―これは
 事実を否認されることにつながるので
 苦痛になります。
PTSDを発症させたり
重症化させたりする
引き金になるので
当たり前のことが
当たり前に認められることは
とても大事な
こころのケアになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です