元祖こころのケア天皇皇后両陛下は被災地でこころのケアの手本を示される

明日から
来月中旬にかけて
宮城県と岩手県
それに福島県を相次いで
訪問されることが
正式に決まりました。
 ―甚大な被害が出た
 東北地方の被災地へ
 両陛下の訪問は初めてになります。
ご高齢ですし
日帰りでの訪問が
そもそも大変なことです。
自衛隊の航空機や
ヘリコプターに乗り換えて
上空から被災状況視察
地上での観察
★避難所で被災者を励まし
★復旧活動などに当たっている人たちを
 ねぎらわれます。
徹底したこころのケアです。
主観と客観で
すべてを把握しようと
渾身で臨まれるのです。
 ―これが臨床というものでしょう。
 臨床心理学の臨床です。
 宗教家が死の床にある人を
 なだめたのが起こりです。
 
 皇室の祈りはそのくらい
 深く
 宗教哲学的なのです。
うつ病や発達障害誤診の  ←観察力の欠如
片棒を担ぎ
国民を不幸のどん底に突き落とすような  ←良心の欠如
安易な研究者や臨床家とは
格がそもそも違うのですひらめき電球
$PTSD研究家翠雨の日記
昨日の週刊誌の広告通りに
なりました。
こころのケアの元祖は
皇室にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です