来年度からの武道必修とPTSD問題放置の相乗効果の危険性

愛知県がんセンターの
総長が書いてました。
フランスでは
柔道に流れる
★礼儀
★非暴力の哲学
 ―これはPTSD克服にも
 大事です。
 これを守らないと
 悪化・複雑化してゆきます。
これを
しっかり受けて
きちんとした専門家が
子どもたちに
指導しています。
ところが
日本は
本家なのに叫び
専門家でない人が
指導することが多く
 ―先生が講習を受けさせられて
  にわか先生になる。
 解離時代は変身が容易叫び
事故が増えています。
 ―1983~2009までに
 110人の子どもが死亡
 障害が残るケースが275件
心理療法の世界とよく似ています。
 ―臨床心理士の国家資格を
 考え出したときから
 世の中狂い出した。
 私は反対派です。  ←少数
しつけと称して投げ飛ばし
逮捕された柔道整復師もいましたしょぼん
なのに
来年度からは
中学校で男女とも
武道が必修になります。
柔道は
装備が一番手軽なので
選択され易いと思われます。
今は
機能不全家族も多く
 ―みかねておにぎりくれる
 おばちゃんも少なく
 栄養状態が
 戦時中みたいな子もいます。
 玄米や麦を食べてたので
 より悪化してます。
投げられて
脳が揺さぶられ
静脈が切れることは
昔より簡単に起こるでしょう。
 ―揺さぶっていけないのは
 赤ちゃんだけではありません。
 加速損傷もあります。
柔道は大変よいものですが
今の日本には
ハイリスクです。
これ以上子どもを
殺さないで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です