キレない子どもづくりに取り組むNPO法人によるPTSD教育

大人の虐待から身を守る  ←予防
「ファーストステップ」
キレない子どもを育てる  ←教育
「セカンドステップ」
270を超える
保育所や学校が
採用しているそうです。
代表は
渡辺紀久子さん
71歳だそうですが
よいお仕事をされている人は
健康で若々しいです。
6月末には
英国の国際会議で
紹介されたそうですが
このプログラムが生まれる
きっかけになったのは
24年前
高校のカウンセリングルームで
出会った
高校生の女の子だそうです。
義母を亡くし
 ―ここから始まるのが凄い。
 生母がその奥にあるなんて。
 こころの傷はそのまま
 ですね。
深酒する養父に
 ―凡人は
 この子の立ち位置を
 頭の中で整理するのに
 時間がかかりますあせる
よく殴られる生活で
 ―PTSDの親と
 同居しているのですね。
就職しても
続かなかったそうです。
 ―ここだけ見ると
 人格障害ですね。
家に泊めて話を聞くと
 ―昔は学校の先生は
 当直してましたね。
 その後も自宅に泊める人が
 案外いました。
 今は行かないほうが
 (虐待されるから)
 いい場合もありますしょぼん
「生まれてくるべきじゃなかった」
本当に傾聴しないと
本心なんか教えてもらえないんですよね。
しかし
それがあるなら
難しい理論なんか
要らないんです。
うつ病が流行ってるとか
SSRIがよいとか
知ってて何の役にたってますか?
殺人に加担してるだけですよね。
今日は
精神分析のニュースが
よみがえってますね。
$PTSD研究家翠雨の日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。