PTSD解離消防署係長酒気帯び運転事故にみるアルコール自己処方の危険性

愛知県岡崎市で
消防署分署の男性係長(58)が
酒気帯び運転で
追突事故を起こしました。
休みの日に
午後1~3時に自宅で缶酎ハイ
(350ミリリットル)など
3本を飲んで
 ―これは自由ニコニコ
午後5時半ごろ
友人宅に向かうため
乗用車で出発
 ―解離してますね叫び
 いろいろ思い出したり
人とつながりたくなるんですね。
 
 一緒くたの世界が展開してます。
$PTSD研究家翠雨の日記
 古来からある
 天然心理療法ですが
  ―薬物も使われました。 
 PTSDの場合は
 シャーマンでも介入しないと
 たいてい失敗に終わるあせる
途中で路肩で
睡眠を取るなどした後の
 ―まだら正気
午後8時5分ごろ
 ―やはり
 そんなに早くは抜けないですね。
県道で
信号待ちしていた男性(35)の
軽自動車に追突したようです。
消防署も
ストレスフルな職場です。
お酒を飲むだけでは
ストレスマネジメントに
ならないようですよ。
かえって悪いみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。