渡辺徹型肥満は自虐ネタPTSDとしてダイエット

この30年で
一番変化したことについて
「体型です!
まあ、俺が痩せてたのは
デビューから半年くらいですけど」と
自虐コメントしています。
 ―自虐ネタはPTSDの温床です。
どうも
リバウンドを繰り返すのは
無意識的な問題のようです。
 ―ピーク時の130kgを
 89.3kgにまで落とすのですから
 意志は弱くないと思います。
子供の頃は肥満児
「渡辺ふとる」と
呼ばれていたけど
 ―トラウマになっているでしょうね。
  笑うことで
  自尊心を保っていたのかも
  しれません。
  強い条件付けが起こっています。
  これを脱感作しないと
  治らないのかもひらめき電球
高校時代はスマートになって
そのままデビュー
ファンの差し入れた
弁当やお菓子を
律儀なまでに
消化していた為に
みるみる太ってしまったのを
 ―ヒステリー性格ですね。
 気持ちに応えようとしたんですね。
 「太りたくない」
 「もう食べられない」と
 思わないのは
 自分がないからでしょう。
「役作りのため太った」と
笑いにもっていったようです。
上原美優さんのような
危うさはなく
芸風になっているかもしれませんが
肥満は肥満で
問題が出てくるので
 ―ある種の心身症
  徐々に全身全霊を
  蝕みます。
渡辺ふとる少年時代を
回想し
癒してあげると
よいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。