無意識のうちに反復するPTSD解離人格

$PTSD研究家翠雨の日記
表層的な空気を読んで
無意識的に
反復する性質があります。
移り気の素ですね。
 ―うつ病と言われたら
 うつ病らしくないのに
 うつ病だし
 発達障害と言われたら
 発達障害らしくないのに
 発達障害
このブログでは
場当たり的と書いてきました。
人生が空回りするのを
空しいと感じるか
幸せと感じるか
…ですね。

無意識のうちに反復するPTSD解離人格」への2件のフィードバック

  1. あ*

    SECRET: 0
    PASS:
    ということでしょうか? そして、「人の口に戸は立てられない」だけです。
    何が治るか治らないかといった “physical event” は変わらないし、世間様が何と仰っても、やることは同じです。たとえば「過緊張は万病の元なので要注意」「左利きは治らないので矯正に大した意味はないけれど、両手遣いになったほうが便利だ」「色弱そのものは治らないし、カラー・ユニバーサル・デザインで人権を守る必要があるが、当人なりの色彩感覚が発達するから、それを大事にすればいい」とか。
    「解釈はご自由にどうぞ」と譲ってしまっても、人生を空転させる必要はないと考えます。

    返信
  2. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >あ*さん
    人生を空転させる人が増えているように思います。空転させてほしくないので、このブログを書いているわけですが、ちょっと突き放して書いてみました(^-^)/

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。