PTSD解離性逃亡の市橋達也被告に無期懲役

千葉県市川市で
2007年
英国人女性(当時22)を
殺害し
顔を整形するなどして
2年7カ月余り逃亡していた
市橋達也被告(32)に
求刑通り
無期懲役の判決が出ました。
リンゼイさんは
苦しくて悲しくて
無念のうちに
亡くなったと思います。
 ―生きていたら
 PTSD治療が必要でした。
市橋被告は
それを見ていたのですから
いくら
否認したところで
記憶に苛まれます。
$PTSD研究家翠雨の日記
暴力は
人を分裂させてしまいます。
人を殺めると
自分が殺められるのです。
$PTSD研究家翠雨の日記
刑罰までついてきますから
どう考えても
予防したほうが
理に適ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。