ストレス解消法から生まれた会話術【ぼやき】

$PTSD研究家翠雨の日記
ねちねちと
愚痴やイヤミを言われると
誰でもうんざりします。
 ―お母さんから子守唄のように
 聞かされた子は
 もはや
 マインドコントロールの領域です。
でも
言いたいことは
言わないとストレスが
たまります。
そこで生まれたのが
関西弁の
ぼやき
つぶやきのなかに
『困ってんねん。
何とかして~』という
メッセージが託されてます。
ボケには突っ込みという
定式に生きる
関西人は
これを聞き逃せません。
人間には
もともとボランティア精神が
あると思いますが
加えて
コテコテした
人情味の土地柄でもあります。
 ―お節介とも言う。
 自分と他人の境界が
 非常にあいまいあせる
ストレートに言われると
カツンとくるところが
ぼんやり
やんわり知らされると
案外素直に
聞いてしまう
マジックです。
 ―意識より
  人間性に訴えかけられるからかも?
陰陽を超えた二元論で
生きる知恵ですニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。