シュワ家に想う「生老病死プラス離婚がPTSDの種」

離婚には
表面に現れない
深い問題があるとは思いますが
 ―妻マリア・シュライヴァーは
 ケネディー家のコンプレックスを
 引き受けさせられている。
 ケネディー家といえば
 ドラマティックな
 PTSD事件多発家族
仮に自分が
PTSDであっても
 ―元はみんな被害者です。
解離行動してはいけません。
 ―DVとか
 アルコール依存とか
 育児放棄とかですね。
隠し子騒動は
 ―精神的DVだと思います。
妻も子どもも傷つけました。
 ―子どもはツィッターで
  苦しみを吐露しています。
  これには多くの若者が
  共感しています。
当然離婚条件は
全面的に受け入れると
世間は思っていたのに
配偶者扶養費の支払いと
離婚にかかる裁判費用の支払いを
拒否したと書かれて
株が下がった
アーノルド・シュワルツェネッガーですが
実は
内容を読まずに
サインをしていたことが
明らかになりました。
弁護士を信頼していた上
 ―PTSDの人の裁判が失敗する
  1つの要因
  丸投げグセ(反転すると不信感)
息子がケガをしてICUに入院する騒ぎの中
 ―この怪我は
 解離のにおいがする。
書類を渡されたため
中身を確認せずに
サインをしてしまっていたからのようです。
要求には何の異議も
申し立てていないようですが
元妻は
相当なショックだったと思われます。
離婚騒動は
PTSDの温床です。
仏教の
生老病死に
離婚を付け加えねばなりません。
$PTSD研究家翠雨の日記離婚PTSD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。