木津川殺害事件容疑者は懲りないPTSD解離女性

27歳女性を殺害した
ホステス高間美花容疑者(27)は
被害者の家に
「行くと死亡していた」と
言います。
解離しているから
 ―別人格のしわざ
自我には記憶がなく
 ―夢遊病のような状態
うそをついている
自覚さえないのでしょう。
 ―しっかり思い出せば
 出てきますが
 取調べの脅しくらいでは
 普通は無理です。
2009年10月にも
傷害罪で
懲役3年執行猶予4年の
有罪判決を受けています。
執行猶予中に
さらなる重罪を犯すのは
普通ではないですね。
PTSDは未治療のうちは
繰り返しながら
重症化する性質のものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。